赤クマの特徴と解消法|老け顔に見られないように目の下のたるみ治療をして美肌になろう

老け顔に見られないように目の下のたるみ治療をして美肌になろう

ウーマン

赤クマの特徴と解消法

女の人

脂肪が原因の赤クマ

目のクマというと睡眠不足や疲れが原因で起こるものだと思っている人は多いです。もちろん、それが原因で起こる目のクマもありますが、全く別の原因で起こることも知られています。その一つが脂肪の弛みです。その弛みが浮き出てしまうことで目の下に陰が出来てしまい、その陰影が目のクマに見えてしまうわけです。そのため、一般的に言われているクマとはまた少し違っています。また脂肪が眼輪筋と呼ばれる目の下にある筋肉を圧迫してしまい、その筋肉の赤みが透けることで赤く見えることもあります。そこから赤クマと称されることも少なくありません。この目のクマは自然に治ることが少ないため、もしも解消させたいのならば美容整形による治療が不可欠となります。

経結膜下脱脂法でクマ取り

その赤クマの治療法の一つに経結膜下脱脂法(目の下の脂肪取り)を挙げることができます。この治療法は瞼の裏から切開して、脂肪を取り除くものです。赤クマは脂肪によって引き起こされる症状であるため、経結膜下脱脂法によって根本的な原因を取り除くことが出来るため効果的です。なぜ瞼の裏から切開するかというと、メスの痕を外部から見えないようにするためです。その切開はほんの1cmほどであり、その治療時間も1時間もかかりません。もしも、この経結膜下脱脂法を利用したいならば、ダウンタイムが1週間ほどかかるため、盆休みや正月休みなど長期休暇を利用して手術を受けるのが良いでしょう。ダウンタイムが明けた頃には目のクマもなくなって印象が変わっているはずです。